古河市の寺院
浄土宗 仏壇の飾り方



花に囲まれた家族葬
古河市斎場のご案内
古河市斎場葬儀のご案内
1.由緒沿革 和順大師法然が唐の善導大師の観経疏によって、弥陀の本願を信じ、専修念佛の旗印を掲げて開創した浄土門の宗派で(立教開宗1175年)わが国で浄土門が独立して一宗派となったのはこれがはじめてである。
2.総 本 山 知恩院。
大本山 増上寺(東京)、知恩寺(京都)、清浄華院(京都)、光明寺(神奈川)、善導寺(福岡)、善光寺大本願(長野)
3.本   尊 阿弥陀如来
4.教   義 阿弥陀如来に帰命し、その本願を信じ、称名念佛をもって浄土往生を期す。
中央に、ご本尊の阿弥陀如来、向って右に唐の善導大師、左に宗祖和順大師法然をまつります。
下記の写真は、一例です。
地域や仏壇の大小などによって、まつり方に違いがありますので、正しくは、菩提寺に確認して下さい。
法然上人 阿弥陀如来 善導大師