古河市の寺院
浄土真宗大谷派 仏壇の飾り方




花に囲まれた家族葬
古河市斎場のご案内
古河市斎場葬儀のご案内

寺院 阿弥陀如来立像
      (東立阿弥陀)
1.由緒沿革 浄土真宗本願寺派と同じく宗祖を親鸞とし、第十一世顕如、第十二世教如が慶長七年烏丸に寺地を得て本願寺を創建、その第十二世となり、それから次第相承し、現在にいたっているのが真宗大谷派である。
2.本   山 本願寺(東本願寺)
3.本   尊 寺院 阿弥陀如来立像(東立阿弥陀)
在家 阿弥陀如来絵像
真宗大谷派は、正法弘通の恩を謝するため、聖徳太子、七高僧、宗師及び伝灯歴代の師主を奉安している。
4.教   義 宗祖見真大師親鸞が、浄土の数旨を顕彰し、累代の師主が相承している。
1、阿弥陀如来の本願を信楽して平生業成の安心に往し、正定聚の身となり、浄土の往生滅度を期す。
2.常に如来の照護をこうむり佛名を称念して懺悔と知恩とを忘れない。
3.正見に住して禍福に惑わず、人生の福祉と文化の向上を図る。

       





在家 阿弥陀如来絵像
(1)ご本尊掛軸
(2)火舎香炉.華鋲
(3)上卓
(4)仏飯器
(5)仏器台
(6)三具足
(7)前香炉
(8)前卓
(9)打敷
(10)供笥
(11)御和讃箱
(12)御和讃卓
(13)過去帖
(14)過去帖台
(15)御文章箱
(16)りん
(17)りんふとん
(18)りん台
(19)りん棒
(20)六角吊灯籠
(21)輪灯瓔珞
(22)輪灯
下記の写真は、一例です。
地域や仏壇の大小などによって、まつり方に違いがありますので、正しくは、菩提寺に確認して下さい。