古河市の寺院
真言宗豊山派


花に囲まれた家族葬
古河市斎場のご案内
古河市斎場葬儀のご案内

1 .由緒沿革 興教大師の学灯を受けた小池坊専誉(1604年没)が天正十五年(1587年)豊臣秀吉より請けられ、大和の長谷寺を復興、以来碩学出で宗風を確立した。
2.総 本 山 長谷寺
3.本   尊 大日如来(普門の本尊)、曼荼羅海会の諸佛、菩薩、明王、天等(一門別徳の本尊)、また弘法大師(生身の遍照金剛)を本尊とすることもある。
4.教   義 宗祖弘法大師立教の本義に基づき、横竪の二教判を設け顕密二教を対弁し、十住心を建立し、六大、四曼、三密の体、相、用の三大において生佛円融の深義を開説して秘密瑜伽の観行を修習する。

真言宗
中央に、ご本尊の大日如来、向って右に宗祖弘法大師、左に不動明王をまつります。
下記の写真は、一例です。
地域や仏壇の大小などによって、まつり方に違いがありますので、正しくは、菩提寺に確認して下さい。
不動明王 大日如来 弘法大師