古河市の寺院
曹洞宗


      
花に囲まれた家族葬
古河市斎場のご案内
古河市斎場葬儀のご案内

1.由緒沿革 承陽大師道元(建長五年、1253年没)が宋から帰朝(安貞元年、1227年)、寛元二年(1224年)大仏寺(寛元四年永平寺と改称)を開いて以来、その法灯が継承され現在に至る。
2.大 本 山 永平寺、総持寺
3.本   尊 釈迦牟尼佛  
4.教   義 佛祖単伝の正法にしたがい、只管打坐即心是佛を 承当するを宗旨として、修証義の四大綱領に禅戒一如、修証不二の妙諦を実践する。

曹洞宗
中央に、ご本尊の釈迦如来、向って右に承陽大師道元禅師、左に太祖常済大師瑩山禅師をまつります。
下記の写真は、一例です。
地域や仏壇の大小などによって、まつり方に違いがありますので、正しくは、菩提寺に確認して下さい。
常済大師 釈迦如来 承陽大師